So-net無料ブログ作成
検索選択

さらにRSのメーターについて語りたい [BMW R1200RS]




回は前々回の記事で取り上げた


BMW R1200RSのメーター表示について


さらに語ってみたい。


またまたRS専門ネタでゴメンナサイ。

せっかくなのでご訪問いただいたついでに、

下のBMWバナーを押してやってください。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村



機能豊富なのだが、表示される画面が小さく


老眼&動体視力の衰えを実感しつつある自分には


なかなか厳しいものがある。




今回はその小さな画面の右側。


bc024.jpg




スイッチボックスのABSの文字が見える


シーソースイッチで操作する。


bc023.jpg




シーソースイッチ下を短く押すと


上段D-ESA表示が変化する。


bc025.jpg


bc026.jpg



シーソースイッチ下を長押しすると、プリロード変更モードに入り

(停車中のみ。走行中NG)

 ヘルメットマーク 1個 ライダーソロ

 ヘルメットマーク+バッグ ライダーと荷物

 ヘルメットマーク 2個 タンデムモード

それぞれにプリロードが変化し、リヤの車高が変化する。





次に下段。


こちらは右スイッチボックスのMODEボタンで操作。



bc027.jpg




日本仕様のRSは『ライディングモードPro』が


標準装着されているので、このモードボタンを押すことで


RAIN>ROADDYNAMIC>USER


と、切り替えることができる。


bc031.jpg

bc026.jpg

bc028.jpg

bc030.jpg



このモードにより


スロットルレスポンス

 RAIN<ROAD<DYNAMIC


ABS介入度

 RAIN>ROAD=DYNAMIC



DTC(トラクションコントロール)介入度

 RAIN>ROAD>DYNAMIC


と、変化するようだ。




USERモードはこのうち

スロットルレスポンスと、DTCについて

自分の好みのモードを組み合わせて、プリセットしておくことができる。

(ABSはROAD固定)


bc030.jpg




ボクは、峠などでちょっと元気よく走りたいときのために

スロットルレスポンスは俊敏にしたいけど、

急な路面変化でのスリップダウンも避けたいので

スロットルレスポンスはDYNAMIC

DTCはRAIN

でプリセットしている。



bc029.jpg




USERモードを選択すると、選択した直後数秒間

現在のUSERプリセット値が表示される。




と、またR1200RSに興味のない方には


つまらない記事を書いてしまった…スミマセン(汗)


ってことでメーターおよび操作系ネタは、まだあるんだけど今回はここまで。


次回こそはツーリング記事を…



いつも最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

下のバナーをポチッ押してもらえると、記事を書く励みになります。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 1

たんたん

>影風響さん
>deepredcocktail2さん
>YOHさん
>ぽてちさん

nice!ありがとうございます!
by たんたん (2017-03-09 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0