So-net無料ブログ作成

大型バイクを降りる日 [雑記]

おひさしぶりでございます。


記事のUPをサボっていた…と言うよりは


文章にまとめる気力がなかったと言うべきか…


今回は少しずつそのあたりの事情を


まとめていこうと思う。



IMG_0553e.jpg


迫間不動にて  EOS 7D 24-70mm F4L



そもそもそれは2月3日、ボクの誕生日に突然やってきた。


いつもの朝のように、仕事を始めてしばらくののち


急激なめまいを発症。


壁づたいにしか歩けないような状態になってダウン。


熱も変な頭痛も無いが、左耳だけ少し聞こえにくい感じに。



内科医にかかって、頭部CT、頚椎レントゲン撮影。


脳は異常なし。頚椎は年齢相応に若干の変形はあるが


めまいを発症するほどのレベルではないと言う。




そこで『メニエール症候群』の可能性が高いと診断される。


メニエールなのであれば、耳鼻科で診てもらったほうが良いだろうと


その翌々日、近所の耳鼻科へ。



メニエールかどうかの検査をしてもらったところ


結果は


『良性発作性頭位めまい症』


内耳の前庭にある耳石が剥がれて三半規管へ入り込むことにより


三半規管のリンパの流れに異常を来たし、回転性めまいを起こすのだそうだ。




たしかにジッとしていれば、おさまっていくのだが


動いていると酷い車酔いがひたすら続く感じになり


吐き気がして食欲も無くなる。


事実、発症して2日間は食べ物はおろか飲み物も


気持ちが悪くて受け付けなかった。



娘が買ってきてくれた恵方巻も、3日遅れくらいで


丸一日かけて少しずつ食べた。




IMG_0555e.jpg


迫間不動にて  EOS 7D 24-70mm F4L




正直、ジッと横になっていても


こんな時に考えるのはネガティブなことばかりで


仕事にはまともに戻れるようになるのだろうか…?


(発症翌日から調子の良い時間だけ、少しずつ仕事はしていた)


車は運転できるようになるのか…?


(発症一週間後には通常通り運転。)


バイクはもう乗れないのかな…?


(発症以来、まったく乗っていない。)




とにかくこの病は、めまいに慣れていくしかないようで


通常通りに仕事ができるようになった今でも


稀に頭位変化によっては、池に浮かべた


ボートの上に立った感じになりフラッとすることがある。



少しでもめまいの不安があるうちは


バイクは自粛の方向で居ようと思っている。


あまり続くようなら、もう大型バイクでの長距離ツーリングは諦めて


R1200RTは売却…って可能性も排除は出来ないなぁ…



そんな感じで、しばらくはこの日和見なめまいと


付き合っていくしか仕方なさそうだ。



IMG_0556.jpg


迫間不動にて  EOS 7D 24-70mm F4L
nice!(9)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク