So-net無料ブログ作成
検索選択
BMW R1200RS ブログトップ
前の10件 | -

R1200RSオイル交換と 新型車と めん処 [BMW R1200RS]

回の記事で、ディーラー行ってオイル交換をしてきたことは書いたけど


走行距離とかメモっておくのを忘れてたよ!




よろしければ下のBMWバナーを押してやってください。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






交換時の走行距離は 5045km。


今回オイルフィルタエレメントの交換は無し。


オイル量は3.5L。



ここにきて普通2輪免許で乗れるBMWモトラッドが


2種類も発売になったんだね!



まずはこちら、


G310R


IMG_3773.jpg




昨年には発売される予定だったと思うんだけど


ずいぶん遅れたのは、生産国インドらしい


あーんなことやこーんなことがあったらしい(笑)


IMG_3774.jpg




ボク自身、以前インド製のKTM 125 DUKEに乗っていたことがあるのだが


随所に同じカホリがする…(ウコンのカホリではない)


たとえば、BYBREのブレーキとか、裏返しのようなデザインの


リヤスイングアームとか…



特徴的なのは、後傾してるシリンダーと、


前方吸気後方排気のパワーユニットレイアウトだろうか。


IMG_3776.jpg



車体は軽くてコンパクト(足つきはRSと同等)だから、


体格的には150cm台後半の身長があれば、


女性でも余裕で乗りこなせる


BMWモトラッドであると言い切れそう。



ただ、購入予定の人や、気になってる人、販売店の人


には大変申し訳ないが、


ボク自身はKTM 125 DUKEでひどい目に遭ったクチなので


インド製バイクというだけで不信感。




こちらがKTM 125 DUKEの記事


http://tantan-don.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21





まぁG310Rは、これだけ時間をかけて


BMWモトラッドジャパンさんが、満を持してインポートするものですから


KTMに比べたら、PDIもちゃんとしてるだろうし、


KTM 125 DUKEのような、ポンコツではないと思う(ハッキリ言っとく)。



そんなG310R、細かく見ればパーツの仕上げは、ほかのBMWモトラッドに比べると


やはり見劣りするのは否めない。


例えばフロントのアクスル。


G310R


IMG_3777.jpg



その他のBMWモトラッドのテレスコモデル…なんだっけこれ?


IMG_3778.jpg



鋳肌の均一感や、面取り加工など仕上がりはまるで別物。


価格を考えれば仕方ないのだろうけれど、


低価格で勝負するメイクスではなかろ?


ゴメン、辛口すぎた?









そしてもう一台の、普通2輪免許で乗れるBMWモトラッド。


C EVOLUTION


IMG_3772.jpg



言わずと知れた、電動スクーターだ。


ボクとしてはG310Rよりもむしろこちらが気になる。



サイズ的にはC 650 SPORTと同等のマキシスクーターなのだけど


これが普通2輪免許で乗れるらしい。


現状では車検も受験の必要ないらしい。


しかも相当速いらしい(ボクはまだ試乗していない)






重量はR1200RTと同等なくらいある重量級バイクだが


重心がごくごく低いせいか、跨ると数値ほどの重さは感じない。



満充電航続距離が最長で160kmか…高速道路のように


ほとんど回生の効かないシチュエーションでは


相当短くなるんだろうなぁ…


i3みたく、レンジエクステンダーつけない?(笑)



どちらもいずれ試乗する機会があれば


こちらでインプレしてみようと思う。


雑誌とかと違って、ボクは提灯記事なんか書かないからね~(笑)







ディーラーでオイル交換中に合流した


横綱さんとともに、お昼ご飯を食べに移動することに。



移動した先は、ボクのこのページのアイコンイラストを描いてくれた


なんちゃん



DSC_1850.jpg



のご実家が経営されてる



『手打めん処 松屋』

愛知県一宮市三条字郷西65-1


DSC_1907.jpg





http://www.aichi-udonsoba.com/shopinfo/%E3%82%81%E3%82%93%E5%87%A6%E6%9D%BE%E5%B1%8B/



フェイスブックもマメに更新されてます。


https://www.facebook.com/%E3%82%81%E3%82%93%E5%87%A6%E6%9D%BE%E5%B1%8B-219295728126330/



この日は結構暑かったので、ボクは冷たいお蕎麦と


かつ丼のランチセットを。


DSC_1908.jpg




さすがめん処と謳うだけあって、コシのある冷たい蕎麦がめっちゃ美味い!


ここはリピート確定!!!


全力でオススメですよ~♪



次はうどんか、きしめんにして、天ぷら食べてみよう♪





下のBMWバナーのひとポチが、記事を書く励みになります。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


ありがとう!


IMG_3771.jpg
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

R1200RSはキーレスだけどキーシリンダーレスはアカン [BMW R1200RS]




カ丼の記事のつづきエピソードと言うべきだろうか…


ご存知の方もあるかと思うが、R1200RSのキーは


キーレスエントリーになっており、トップブリッジにはキーシリンダーは無く


on/offスイッチのみ存在している(長押しでハンドルロック)。


今回はそれについてのお話。



よろしければ下のBMWバナーを押してやってくださいネ。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村



イカ丼を食してきた翌週、キーレスのリモコンキーの電池が


出先でなくなると面倒なので


(一応エマージェンシーモードはあるのだが、もちろんここには書かないよ!)


予備のリモコンキー用電池を、車体に忍ばせておけばよいだろう!


てことでホムセンで購入。



IMG_3761.jpg


CR2032



ありがたいことに、この電池(CR2032)は


車(RENAULT MEGANE R.S. TROPHY)のリモコンキーとも共通。


なので2個入りを購入して、車とバイク1個ずつ常備しておくことに。


R1200RSは、ライダーズシート裏に


書類入れと書類入れ格納スペースがあるので、そこに電池を常備しておこう。


シートを外すときには、リモコンキーに格納されているキーを


飛び出しナイフよろしく ピン!と出して使うことになる。




IMG_3762.jpg




書類入れに電池を格納して、ライダーズシートを元に戻し


タンデムシートも…




と、思った瞬間、つま先にボトッと何か落ちてきたよ。




え?????





IMG_3764-1.jpg





これって抜け落ちたらアカンやつやろ?


キーレスだけど、キーシリンダーレスでは困ってしまう…




キーを差し込んで、シートを外そうと回した状態でズルン!と抜け落ちてきてしまう。


ちょうどディーラーへオイル交換へ行こうと思っていた時だったし


どうしてこうなっちゃうのか聞いてみよう!







で、6月5日オイル交換のためにディーラーへ。


オイル交換はおよそ1.4諭吉(今回はフィルタエレメント交換無し)。


ついでに件のキーシリンダーについて見てもらう。


結果は新車保証で無償修理、新品のキーシリンダーに交換。


まぁいろいろ壊れることは、輸入車はある程度仕方ないと覚悟してる。


それも考えて新車延長保証にも入ってるんだから、


壊れるなら5年以内で頼むよ…いやほんとマジで…(汗)



下のBMWバナーのひとポチが、記事を書く励みになります。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


ありがとう!




あ、そうそう、水冷Rシリーズには珍しくないクーラント漏れ(笑)


(クランクケース左ドレン穴より、2017モデルからは穴位置変更ドレンノズル付きに)


うちのは3000kmまでくらいは時々ちょろっと漏れたけど、今はピタッと収まりました。


そういうもんかいな?

nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

R1200RSのスクリーンを夏仕様に [BMW R1200RS]

今週の月曜日にも、良い天気だったので


ゴールデンウイーク明けの 


けだるさを漂わせながら


通勤される人たちのラッシュを横目に


ツーリングに行ってきた。


今回はそのツーリング前のお話。




この先本題に入るんだけどよろしければ


その前にポチっと下のBMWバナーを押してやってくださいな。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村




そもそも暑がりな自分。


真夏と真冬、どちらがバイクに乗るのに適してるかといわれたら


「凍結や降雪の心配が無ければ、冬の方がキモチイイ」


と、即答するよ。




そろそろ昼間には、夏日になるようになった今日この頃。


月曜日のツーリング時にも、メーター内の温度計


最高で29.5℃までいったよ。






そこでR1200RSにお乗りの方なら、すでにやってることかもしれないが


今回ボクが着目したのはココ。


DSC_1877.jpg




スクリーン外した方が解りやすいかな?


工具は、トルクスのT25があればOK。



デフォルトでは赤矢印のところで固定されてるので


それを青矢印のところに移動するだけ。



DSC_1879_LI.jpg





これだけでスクリーンステイ面で30mm下げることができる。


ご存知の通り、RSは走行中にも


手動でHigh 、Low2段階スクリーンの高さを変えられるから


ノーマルスクリーンのまま、4段階の高さ変更ができるということかな。


ちなみにこれが標準取り付け位置(赤矢印)で取り付けた時の高さ(Low)。


DSC_1878.jpg






そして30mm低い取り付け位置(青矢印)で取り付けた時の高さ(Low)。



DSC_1881.jpg





撮影時の角度が微妙に違うから解りにくいけど


アッパーカウルとの位置関係で解るかな?


この低い状態で月曜日のツーリングには行ったわけだけど


体感的にはもともとLow位置では襟元に来てた風が


おっぱいから上に当たるようになった…かな?



…ってくらい(?)



上体に当たる風は、間違いなく増えてるけど


ネイキッドのようなことは無いし、


高速道路走行のようなシチュエーションでは


手動でHigh位置へ上げれば、風圧修行の旅になることもなかろう。




あ、そういえば標準取り付け位置(赤矢印)でLowの時と


今回の取り付け位置(青矢印)下げた時のHighでは、


スクリーンの高さ関係はどうなんだろ?


検証してみないと(汗)


下のBMWバナーのひとポチが、記事を書く励みになります。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


ありがとう!


IMG_3213.jpg






nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

パニアケースについて語りたい~R1200RS [BMW R1200RS]


ょっと前に記事にしたメーターに引き続き


今回はR1200RSの純正パニアケースについて語ってみたい。




こちらのBMWバナーをポチっとしてもらうと


ほかのBMWバイクオーナーさんのブログも見れます。


#見たら帰ってきてねー(汗)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






この純正パニアケース、BMW motorrad Webサイトによると



R1200RS、R1200Rは同形状(右:約31L / 左:約32L// 耐水性・耐水加工)



case-1-0.jpg


#上の写真はBMW motorrad Webサイトより引用加工させていただきました。


S1000XR、F800GTはパッと見に似てるようでちょっと違うみたいだ。



S1000XR用(左右同じ、各約 31 L//撥水加工)


F800GT用 (右:約28L/左:約27L//防水性)




容量も違うが、防水性の表記もまちまちなのは気になる。



だが、取り付け方法は同じようだ(未確認情報)。











ボクのRSは、購入と同時にオリジナル塗装を施工していただいたので



一見するとR1200RT用のケースに見え…なくもない…かな?



case-1-13.jpg




よく見ればケースリッドがレイヤー構造になってないから



RT用とは全然違うのは解るし、何より大きさが違う(厚みは大差ない)。




case-1-1.jpg





ケース裏面を見ると、最近トップケースやパニアケースブランドとして



日本でもメジャーになりつつある、スペインブランドのSHAD製のようだね。



case-1-2.jpg





裏面には、車体側ステイに引っ掛ける突起と



車体側突起を差し込む穴が開いており基本この2点で固定されるようだ。




case-1-4.jpg





車体側ステイに引っ掛ける突起は、真ん中に切り込みがあり



車体側ステイの決まった位置にしか固定できないようになっている。



ケース裏のこの樹脂製パーツは、ケース本体とは別パーツになっているようなので



ケースを強くヒットした時などは、ここが破壊されることで



ステイから外れるパッシブセイフティが講じられていると思われる。




ケースの切り込み部分を下の矢印部分に合わせると



そのまま自然に上の穴と上の矢印の突起が合うようにできている。



case-1-6.jpg




取り付けるときは、こうして下から。



case-1-7.jpg




その後、写真ではズレているけど、このシルバーの突起を



ケースを押し付けるよいうにして、カチン!とロックされればOK。



case-1-8.jpg





初めてケースを開けた時(納車時の車両説明時)に驚いたのだが



今のパニアケースって受け皿がついてるんだね。



case-1-9.jpg





確かにこれなら、開けた瞬間に収容物がゴロリン!



ってことにはなりにくいね。



case-1-10.jpg




収容容積は多少犠牲になるかもしれないけど、



インナーバッグを使わない場合、これはありがたい。




ちなみに左側パニアケースのみ、フルフェイスヘルメットを1個収納できる。



ボクが使っているSHOEI GT-Air(Lサイズ)に、



B+COM SB5X装着状態で、収納確認済み。



さすがにヘルメットマウントした



アクションカムがついている場合は、収納不可能。




右側の容量が約1L少なく、フルフェイスヘルメットが収納できないのは、


このマフラーの「逃げ」の分のせいなんだろうな。



case-1-11.jpg





それにしても装着時の全幅には驚かされる。



もともとRTとかに比べてもスリムな車体のRSなので



真後ろとか真正面から見ると異様な幅広具合。



case-1-12.jpg





およそ1メートルくらいになるのだろうか…



はっきり言おう!これはすり抜け抑止装置だ(笑)





最後に一点。これはR1200RTの時にも感じたことだが



BMWのバイクって、ケース装着の有無やタンデマーの有無が



乗り味に対して及ぼす影響が、比較的少ないバイクだと思う。



荷物や人の積載前提での、車体設計がなされているからだとは思うが



たいていの試乗車にはパニアケースやトップケースは取り付けていないだろうから



試乗するだけでは、なかなか体感できないBMWバイクの長所だと思う。




最後にBMWバナーを、ひとつポチっとよろしくですm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村



ありがとう!!!



case-1-3.jpg

nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

R1200RS スクリーンの効果 [BMW R1200RS]





回までの記事で上げた、南伊勢ツーリング


R1200RSに乗りかえてからは初となる


雨中走行を経験した。



その中で、R1200RSのスクリーンについて気付いたことを


レポートしておこうと思う。


こちらのBMWバナーをポチっとしてもらうと


ほかのBMWバイクオーナーさんのブログも見れます。


#見たら帰ってきてねー(汗)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村





本題に入る前に、まずはこちらの動画を見ていただきましょうか。



#解説の声(?)の音量注意




BMW R1200RS スクリーンの効果






雨粒が、スクリーン上を風圧で流された後


きれいに左右へ飛ばされていくのが、お分かりだろうか?



正直、この雨を経験するまでは


このスクリーンは両サイドの折れている部分越しの視界はゆがんでるし…




screen-1-3.jpg






かつて乗っていたRT(2009モデル)のスクリーンの


”切りっぱなし”状態よりも上端の部分は分厚くて


視界に入ってくると鬱陶しいなぁ…と思っていた。



screen-1-2.jpg




その上端部分が、F1のリヤウイングの『ガーニーフラップ』


のように盛り上がっているおかげで



screen-1-1.jpg





RT(2009モデル)のスクリーンではありがちだった、


風圧で上端まで流れた水滴が


自分のヘルメットめがけて飛んでくる…




と、いうことがなかった。


上端断面と、スクリーン全体のV字形状により


きれいに整流されて左右に流されていく。



…と、いうことは空気の流れもそうなっているわけで。


小さめのスクリーンながら、なかなかよく考えられた


良いスクリーンだなぁ~と感じた次第なのであーる。



screen-1.jpg





RSったらもう、走るたびに良いもの買うた感がジワジワくるわー♪







あ、そうそう、走行直後の写真は撮り忘れたけど


リヤに追加したPuigのインナーフェンダーも、良い仕事していた。


リヤサスペンション周りの泥はね汚れが、格段に少なくなった。


これもなかなか良い買い物だった♪



IMG_3345.jpg



最後にBMWバナーを、ひとポチよろしくですm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村



ありがとう!!!
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

さらにRSのメーターについて語りたい [BMW R1200RS]




回は前々回の記事で取り上げた


BMW R1200RSのメーター表示について


さらに語ってみたい。


またまたRS専門ネタでゴメンナサイ。

せっかくなのでご訪問いただいたついでに、

下のBMWバナーを押してやってください。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村



機能豊富なのだが、表示される画面が小さく


老眼&動体視力の衰えを実感しつつある自分には


なかなか厳しいものがある。




今回はその小さな画面の右側。


bc024.jpg




スイッチボックスのABSの文字が見える


シーソースイッチで操作する。


bc023.jpg




シーソースイッチ下を短く押すと


上段D-ESA表示が変化する。


bc025.jpg


bc026.jpg



シーソースイッチ下を長押しすると、プリロード変更モードに入り

(停車中のみ。走行中NG)

 ヘルメットマーク 1個 ライダーソロ

 ヘルメットマーク+バッグ ライダーと荷物

 ヘルメットマーク 2個 タンデムモード

それぞれにプリロードが変化し、リヤの車高が変化する。





次に下段。


こちらは右スイッチボックスのMODEボタンで操作。



bc027.jpg




日本仕様のRSは『ライディングモードPro』が


標準装着されているので、このモードボタンを押すことで


RAIN>ROADDYNAMIC>USER


と、切り替えることができる。


bc031.jpg

bc026.jpg

bc028.jpg

bc030.jpg



このモードにより


スロットルレスポンス

 RAIN<ROAD<DYNAMIC


ABS介入度

 RAIN>ROAD=DYNAMIC



DTC(トラクションコントロール)介入度

 RAIN>ROAD>DYNAMIC


と、変化するようだ。




USERモードはこのうち

スロットルレスポンスと、DTCについて

自分の好みのモードを組み合わせて、プリセットしておくことができる。

(ABSはROAD固定)


bc030.jpg




ボクは、峠などでちょっと元気よく走りたいときのために

スロットルレスポンスは俊敏にしたいけど、

急な路面変化でのスリップダウンも避けたいので

スロットルレスポンスはDYNAMIC

DTCはRAIN

でプリセットしている。



bc029.jpg




USERモードを選択すると、選択した直後数秒間

現在のUSERプリセット値が表示される。




と、またR1200RSに興味のない方には


つまらない記事を書いてしまった…スミマセン(汗)


ってことでメーターおよび操作系ネタは、まだあるんだけど今回はここまで。


次回こそはツーリング記事を…



いつも最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

下のバナーをポチッ押してもらえると、記事を書く励みになります。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

RSのメーターについて語りたい [BMW R1200RS]

い、今回の記事は


R1200RSとR1200Rのメーター表示について。


これがちょいと解り難い…というか


直感的に操作しづらいというか…



自分自身、このメーター表示をよく理解するためにも


おさらいかねて、書きまとめてみたいと思う。



なのでBMWバイクのそれもR1200RおよびRSオーナー以外の方には


どうでもいい話になってるかもです。


ゴメンナサイ。


それでもせっかくご訪問いただいたのでついでに、

下のBMWバナーを押してやってください。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






日本に正規輸入されているR1200RSのメーターには


本国ではオプション扱い(らしい)


『オンボードコンピューター(以下OBC)Pro』


が、装備されている。


#通常OBC-Basicなところ、オプション装着でOBC-Proってことです。




ボクの個体に関して言えば


購入時にはOBCはBasic表示になっていたのだが


OBC-ProモデルはSet upモードで、


Pro表示かBasic表示か選べるようになっている。



Pro表示のほうが、表示項目が多いので


今回は基本的にOBC-Pro表示状態での解説。







さて、OBC-Proは大変表示項目が多い割には


表示面積(笑)が少ない。


たとえば、これは先日(2月20日)のキーオン時の表示。


#薄暗いところで撮影しているので、表示は反転表示になっている。



bc-001.jpg




OBC-Proの表示項目はこの液晶表示のうち


青枠と、黄枠で囲った箇所に表示される。



bc-002.jpg



たくさんある項目を、それぞれ


1.青枠部分(上段)に表示

2.黄枠部分(下段)に表示

3.両方に表示

4.表示させない


のうちどれにするか個別に、カスタマイズ設定できる。





ちなみにOBC-Basicで、デフォルト状態での表示項目は


1.青枠部分(上段)に表示される項目


A.トリップメーター距離1(TRIP 1)

B.トリップメーター距離2(TRIP 2)

C.走行可能距離(RANGE)

D.総走行距離(ODO)

E.SETUP メニュー(SETUP)




OBC-Proに設定すると


F.自動トリップメーター距離(TRIP A)

G.瞬間燃料消費量(CONS.)


が、上記に加わる。





2.黄枠部分(下段)に表示される項目

H.外気温度(TEMP.)

I.エンジン温度(ENG. T.)

J.走行可能距離(RANGE)

K.平均燃費1(CONS 1)

L.平均燃費2(CONS 2)

M.平均速度(SPEED

N.日付(DATE)

O.オイルレベル注意(OIL LVL)

P.表示スタイル変更モード(STYLE)




OBC-Proに設定すると


Q.電圧(VOLTG.)

R.ストップウォッチの合計時間(T. TOT.)

S.ストップウォッチの走行時間(T. RIDE)


が、上記に加わる。



ボクは


青枠部分(上段)には、距離に絡む項目を表示させて


黄枠部分(下段)には、それ以外を表示させるように


カスタマイズしている。










文字だけでは解り難いので、具体的にはどんな感じか


実際のメーター表示を見てみよう。


【注】
自分でカスタマイズした後なので、デフォルトとは
表示順、表示項目、表示箇所は違っています。



まずは青枠部分(上段)。


総走行距離(ODO)



bc-001.jpg




トリップメーター距離1(TRIP 1)



bc-003.jpg




トリップメーター距離2(TRIP 2)



bc-004.jpg




自動トリップメーター距離(TRIP A)


bc-005.jpg





残り走行可能距離(RANGE)


bc-006.jpg




そしてSETUPモード入り口。


bc-007.jpg



と、上段には距離に絡んだ項目をまとめておいた。


これは左側ハンドルスイッチのメニューの


シーソースイッチ上を押すことで切り替わる。








次は黄枠部分(下段)



外気温度(TEMP.)



bc-007.jpg



冷却水温度(ENG. T.)



bc-008.jpg




平均燃費1(CONS 1)



bc-009.jpg




平均燃費2(CONS 2)



bc-010.jpg




瞬間燃費/燃料消費量(CONS.)

こちらは走行時と停車時で表示が自動で切り替わり

走行時には瞬間燃費を、停車時には1時間あたり燃料消費量を表示。



bc-011.jpg




平均速度(SPEED)



bc-012.jpg




電圧(VOLTG.)



bc-013.jpg



ストップウォッチの走行時間(T. RIDE)

…まだ一度もリセットしたことがない(笑)

ツーリング出発時にリセットすれば、その日の走行時間が解るのかな?

電源ONで計時始めるから、正確には車両電源ONの時間計時だな。



bc-014.jpg




日付(DATE)


bc-015.jpg




オイルレベル(OIL LVL)

これはある程度油温上がるまでは表示されない。

大丈夫な場合はOKと表示。



bc-016.jpg




表示スタイル変更モード(STYLE)



bc-017.jpg




この表示スタイルというのは3種類選ぶことが出来る。


今まで説明してきた表示が


STYLE 0 でFull表示


bc-018.jpg



STYLE 1 Sports表示に変更するとこんな感じ。

タコメーターは見やすくなるね。



bc-019.jpg




STYLE 2 Touring表示

この表示がイマイチ理解に苦しむ…



bc-020.jpg





こんなモード用意するならば、アナログ表示部分は

タコメーターにしていただきたかった。




と、まぁ解りやすいんだか解りにくいんだか…


R1200RSについて興味のある方には少しは参考になっただろうか?




表示内容については、まだこれでも一部なので


DYNAMIC ESA表示や


ライディングモードProの表示についてなどなど


また別の機会に解説できたら…と思う。


…ってかその前にまず自分が理解せねばだわ(汗)



最後まで変化のない写真ばかりの記事を読んでくださり


ありがとうございます。


こんなでも参考になったよーとか、メンドクサそうだねーとか


ご質問などございましたら、コメント欄にてどうぞ。


で、ついでによろしければ下のバナーも…ポチッとしてもらえると、うれしいです( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村







IMG_3345.jpg

nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

青い瞳のRS [BMW R1200RS]



ッドライト他、灯火類のLED化にぎわしい昨今。


ウチのR1200RSも…



と、思ったけどBMWさんとこのバイク


RTの時もそうだったけどCAN-BUSのおかげで


CAN-BUSを欺かせるナニカの付いてるものでないと


エラーを吐いてしまうと言う、ちょいとメンドクサイ電装系。




ちょうどRTに乗っていた頃のH7ハロゲンバルブのストックもあるし


とりあえずこのちょっと青白いバルブに換えておきましょう♪


ってことで今回はヘッドライトバルブ交換作業の巻なのですよ。




日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






まずはLoビームの交換から。


最初にアッパーカウルの、インナーカバーを外しておきましょう。


外さなくても作業できそうな気もするけど、そうすると以前乗っていた


RT並みに作業性が悪そう。



赤矢印のボルト2本外すだけなので、やっぱりインナーカバーは外しておくべきかと。




hlb001.jpg






急がば回れ(急いでないけど)。


工具はトルクスのT25があれば、ほとんどの外装カウル類は外せる。


(T20、T30もあればなおよし)




hlb002.jpg





ボルトを抜いたら、インナーカバーを、車体中央側へスライドさせるようにして抜き取る。



これだけのことで、「これでどうだ!」ってくらい、ヘッドライトバルブへのアクセスはラクチンに♪


防水カバーを左に回して外し…



hlb003.jpg





中央の黒いコネクタを抜き…



hlb004.jpg





バネを外して…



hlb005.jpg





バルブを摘出。


右が標準装着のH7ハロゲンバルブ。



hlb006.jpg





標準装着のはGERMANY製なのな。


交換する4000KのバルブはKOREA製。


なのに青い瞳とはこれいかに(笑)



hlb007.jpg





あまり長持ちはしないかもね。


これくらい作業性が良いと、バルブを押さえてるバネを留めるのもラクチン♪


これがRTの時には、ホント指先が痛くて辛かった…



hlb008.jpg





コネクタはめて…



hlb009.jpg





防水カバー装着。




hlb010.jpg





ここでインナーつける前に、点灯確認しておこう。



hlb011.jpg






右側が交換したLoビーム。


照らしてる先の壁が白じゃない(茶色)ので正確な色ではないけど


左側のHiビームとの色温度の違いは歴然だね。



このあと、同様にしてHiビームも交換。


RTの頃に比べたら、めちゃくちゃ簡単で拍子抜けするくらい。


これは進化?それとも単純にモデルによる違い?



碧い瞳のRS…


hlb012.jpg



ま、いいんじゃないの~?と思われましたらば、下のバナーをポチッとしてもらえると、うれしいです( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村





こっちは碧い瞳のエリス 安全地帯



nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ヤァ!ヤァ!ヤァ! パニアケースがやってきた! [BMW R1200RS]



BMWのR1200R、RSとか、S1000XRなどに用意されている


純正パニアケース。



case001.jpg



写真はWebからお借りしました。この写真の車体カラーはルパンブルー。





なぜかトップケースと同じ、つや消しのガンメタ一色のみしかないんだな。



case002.jpg





日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村




これが同じ100周年セレブレーションエディションでも


R1200RTだとこうなる。



case003.jpg


#こちらも写真はWebからお借りしました。



まぁRTはパニアケースが標準装備だから…と言ってしまえばそれまでだが。


そこでお世話になってるディーラーさん。


こちら、4輪車のイタリア高級スポーツカー マセラティのディーラーも


経営してる関係で その塗装オーダーを受け付けているところへ


ボクのパニアケースも塗装オーダーに出していたんだよね。




…で、待つこと2ヶ月…



でけた!!!




case004.jpg








個人的にはこのナナメ後ろから見たときの


タンクのラインからの~パニアケースのラインがお気に入り




case005.jpg







リッドの黒い部分は、RTだと樹脂の素材カラーなんだけど


これは樹脂のようにシボ加工された塗装仕上げ。





アルピンホワイトに、BMWモータースポーツカラーのストライプは


タンクやカウルの部分と寸分たがわぬ色合い。


マジすげぇよ…感動した。



トップケースは塗らないのか?って?


このやたら高い位置にあるトップケースは、


ボク個人の感覚としては、あまり目立たせたくないんだな。


なのでこの地味ーな、つや消しガンメタのままにしとく。




パニアケースの塗装、ここまですごい凝ってると…



万が一コケたら…



派手に傷つけたら…





おーまいがー!!!



case006.jpg





…に、なると思う…




その際はしばらく凹むと思うんで、生暖かく見守ってやってください。


しばらくすれば


「見なかったことにしよう!」


モードが発動する典型的O型なんで(笑)




たぶん泊まりツーリングとか、そこそこ長距離走るとき以外


通常、トップケースだけで充分なので、あまり装備しないと思われ。









実はこの日、ディーラーにお邪魔してまずは


ボクが試乗車のS1000RR(2017モデル)の試乗に行ってる間に


営業の方がボクのRSに、この出来上がったパニアケースを装着。


そしてあらためて納車セレモニールームにてお披露目の演出。


ステキすぎる♪


ディーラーさん、本当にありがとう!


大切にします。



よろしければ下のバナーをポチッとしてもらえると、うれしいです( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村




case007.jpg







ビートルズがやって来る ヤァ! ヤァ! ヤァ! A Hard Day's Night



nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

春よ、来い [BMW R1200RS]



年のカレンダー


一枚目をめくり…



IMG_3290.jpg



1ヶ月早すぎっ!!!



日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村




傷つき防止の為と


一時しのぎのつもりで貼り付けたタンクパッド


#というよりは梱包テープ(笑)




IMG_3288.jpg





そろそろこのテープには、引退していただかねば。


ってことでようやく購入したこちら。



IMG_3287.jpg





貼り付けはまだなのだ。


だってまだ今日届いたばかりだし。



他にも取り付け待ちのパーツ(移植モノ)があるのだが


ボルトサイズが微妙に国産車だったMT-07と違っていたりして難航していた。


そのボルトもようやく昨日入手したとこ。



そして渾身のモディファイパーツが


あと一週間ほどで仕上がるという連絡あり。


それが何かの公表は、しばしお待ちを。



ああ…春のツーリングシーズンが待ち遠しい…


春よ、とっとと来い!!!



よろしければ下のバナーをポチッとしてもらえると、うれしいです( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村





DSC_1660.jpg






春よ、来い 松任谷由実




nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | - BMW R1200RS ブログトップ